体重を減らして痩せたい!ダイエットを成功させたい!そう思うけど、なかなか痩せれないのが現実。それは痩せる方法が間違っている可能性があります!絶対痩せる方法を参考に挑戦してみましょう。

痩せる筋トレ スクワットの実力

「激やせしたい。」絶対痩せる方法

ほとんど大体の方が知っていて、場所も選ばず気軽にできる筋トレ。あなたは何だかわかりますか?

答えは。。タイトルに書いてありますね(笑)スクワットです。

体育系の部活で取り入れられていたり、体育の授業のときにやったりと、馴染みの深い筋トレの一つではないでしょうか。

あまりに身近にあるので見逃しがちですが、実は、スクワットのダイエット力はかなり高いのです!

今回は!身近で手軽なスクワットのダイエット効果にスポットを当ててみました!

スクワットで鍛えられる筋肉

スクワットでは、主に太ももの筋肉。

限界までスクワットをすると、太ももがプルプルしたり、痛くなったりしますよね。

そのときプルプルしているのが、負荷のかかった太ももの筋肉なのです。

そしてこの太ももの筋肉、全身の筋肉の中で一番カロリーを消費する筋肉だってご存知でしたか?

太ももの筋肉を鍛えて育てれば、カロリー消費自体が非常に効率的になるのです。

スクワットの筋トレ効果

スクワットと同じく代表的な筋トレ法として、腹筋があります。

この腹筋と比較した時、スクワットは30倍以上筋肉量を増やす効果があるのです。

たとえば、腹筋500回でつく筋肉量は、スクワットでは15回でつけられるそう。

鍛えられる部位も違うので一概に比較はできませんが、全身の筋肉量を比較した時には、スクワットのほうが効率的に鍛えられると言えるでしょう。

正しいスクワットのやり方

いくら筋トレ効果が高くても、間違った方法で実践していては効果が十分に発揮できません。

それどころか、膝などに負担をかけ過ぎて痛みの原因になったり、悪影響が出てしまうことも考えられます。

そこで、正しいスクワットの方法を確認できる、おすすめの動画をご紹介します。

いかがでしょう。太ももを地面と平行になるまで曲げるといったところは、特に重要なポイントです。

しかし、鏡などで見てみると、意外と出来ていないことが多いのもこのポイント。

最初は鏡を見ながらやってみたり、スマホで自分の姿を動画に撮ってみたりして、正しいフォームを身につけましょう。

ちょっとお手洗いに行った時など、隙間時間にちょこちょこ実践するだけでも、かなりの効果が期待できますよ!

野菜ジュース ダイエット

痩せる方法メニュー

ダイエット方法 一覧

痩せる方法 部位

顔、首

二の腕、腕、指
お腹・腹部、へそ周り 背中、腰
お尻・ヒップ
太もも、ふくらはぎ、足首

最新の痩せる方法

ウォーキング・ヨガ・お茶・ジム
フルーチェ・ココア・アサイー
酵母・ラクトフェリン
燃焼スープ・ダンベル・ems
リコピン・痩せるスープ
ミドリムシ・大麦
ダイエットスープ
カプサイシン・ユーグレナ
ノニ・食事制限・ご飯
ロングブレス・カービーダンス
オチョダイエット・プロテイン
グリーンスムージー
酵素ドリンク

  • 最近の投稿