体重を減らして痩せたい!ダイエットを成功させたい!そう思うけど、なかなか痩せれないのが現実。それは痩せる方法が間違っている可能性があります!絶対痩せる方法を参考に挑戦してみましょう。

どうしてもケーキが食べたい!低カロリーなケーキを見極める方法

「激やせしたい。」絶対痩せる方法

ダイエットの天敵「ケーキ」。ですが、どうしても食べたい!!というとき、ありますよね。
ダイエットを始めたばかりのときは我慢できても、思うように結果が出ずにダイエットのモチベーションが下がってきたり、我慢している期間が長くなってきたりすると、ある日爆発してコンビニでケーキを買って食べまくる…なんて罠に陥りがち。

我慢のしすぎはダイエットの天敵

ダイエットは、絶食などで短期集中的に痩せる方法と、食生活の改善や運動習慣をつけて一生続ける長期的なダイエット法があります。
良いスタイルをより長くキープできるのは、もちろん長期的なダイエット法。
そのため、長期的なダイエット法を身につけていくことをお勧めしています。

ゆるやかで長期的なダイエットの大きな敵のひとつは、「我慢」だと思っています。
我慢することでどうしてもストレスが溜まり、ある日爆発してしまうことが多いからです。

たとえば、毎日コンビニでデザートを買っているという方の場合は、健康のためにも「我慢したほうがいい」と思いますが、週に一度程度で、それが本人のストレス解消になっているのであれば、無理に我慢することはお勧めできません。

では、「どうしても!どうしても食べたい!!」というときには、どうすればいいのでしょう。

カロリーができるだけ低いケーキの選び方

一口にケーキと言っても、種類は様々ですよね。
ケーキが一般的に高いカロリーになっているのは、生クリームやバターといった動物性脂肪と砂糖という、体脂肪として蓄積されやすい栄養が組み合わさっているから。

逆に考えると、ケーキの中でも動物性脂肪が少ないものや、砂糖ひかえめのものは体脂肪になりにくい、ということですよね。

つまり、「デコレーションが少なくてシンプルなケーキ」を選ぶのが正解なのです。

カロリーが少ないケーキの例

一番カロリーが抑えられるのは、生クリームをぬっていない「シフォンケーキ」。
シフォンケーキはふわふわしている割に食べごたえがあり、ケーキを食べたという満足感とともに満腹感も得られるので、お勧めです。

また、一時期大流行した「ロールケーキ」も、デコレーションケーキよりは使用しているクリームが圧倒的に少なく、総カロリーは控えめ。
ただし、中心にクリームがたっぷり入って、クリームのまわりをスポンジで巻いているだけ、というようなロールケーキでは意味がありません。

低カロリーのケーキの代表格といえば、チーズケーキですが、一般的に上記の2つよりは若干カロリーが高めになっています。
ただし、ショートケーキなどに比べればカロリーは控えめ。
ベイクドチーズケーキとレアチーズケーキは、カロリーの差はあまりありませんので、どちらを選んでも大丈夫です。

フルーツタルトなども、シンプルなものであれば大丈夫。

どのケーキを食べるときでも、食べるのはひとつだけにして、ゆっくり味わいながら食べれば、満足感が増しますよ。

痩せる方法メニュー

ダイエット方法 一覧

痩せる方法 部位

顔、首

二の腕、腕、指
お腹・腹部、へそ周り 背中、腰
お尻・ヒップ
太もも、ふくらはぎ、足首

最新の痩せる方法

ウォーキング・ヨガ・お茶・ジム
フルーチェ・ココア・アサイー
酵母・ラクトフェリン
燃焼スープ・ダンベル・ems
リコピン・痩せるスープ
ミドリムシ・大麦
ダイエットスープ
カプサイシン・ユーグレナ
ノニ・食事制限・ご飯
ロングブレス・カービーダンス
オチョダイエット・プロテイン
グリーンスムージー
酵素ドリンク

  • 最近の投稿