体重を減らして痩せたい!ダイエットを成功させたい!そう思うけど、なかなか痩せれないのが現実。それは痩せる方法が間違っている可能性があります!絶対痩せる方法を参考に挑戦してみましょう。

ダイエット中は特に水を飲め!

「激やせしたい。」絶対痩せる方法

人間の体の70%は水で出来ています。「水は命の源」といっても過言ではないほど。
しかし、ダイエット中は特に、「水太りしそうだから」「むくみそうだから」と水を飲まない方が多いようです。
これは、ダイエットには逆効果。
ダイエット中は特に水を飲んだほうがいいという理由を3つご説明します。

水を飲むと代謝が促進される

体のあらゆるところで生成される老廃物は、どのように排出されるかご存知でしょうか。
老廃物は、体にめぐらされているリンパ管を流れている、リンパ液によって排出器官に送られます。
脚のむくみも、排出が滞った老廃物が原因。そのため、むくみを解消するにはリンパの流れをよくすることが大事。
リンパ液はもちろん液体なので、水が主成分になります。

そして、体を動かしたりするための栄養を運ぶ血液も、水。
脂肪を燃焼するためには、ビタミンなどが必要。そのため、血液のめぐりが悪くなると、代謝が落ちることにも繋がります。

その水が少ないと、血液やリンパのめぐりが悪くなり、栄養のめぐりや老廃物の排出が悪くなります。
つまり、「水をとらないと太りやすくなる」のです。

逆に、水を適量摂れば血液などのめぐりが正しくなり、代謝もしてきます。
また、血の濃度も適切になるので、血液さらさらの効果も見込めます。

体温があがる

上記のように、水をしっかり摂ることで、代謝があがる効果が見込まれますが、代謝があがることによって、体温上昇の効果も得られます。
体温が上がると、脂肪燃焼効率が上がるため、脂肪を溜め込みにくいく太りにくい体になります。

ちなみに、体温が上がると、免疫力も向上し、風邪などにかかりにくくなると言われています。

便通が改善する

便秘の方が食物繊維をたくさんとると、便秘が解消すると言われています。
そのために根菜をたくさん摂っているという方もいらっしゃると思いますが、もし水分を一緒に摂っていないとすると、かえって便通を悪くする可能性があります。

食物繊維は、水を併せて摂ることで水を含んで膨張し、便のかさ増しと同時に便をやわらかくするという効果があります。
それによって、便通が改善すると言われています。
つまり、食物繊維だけを摂っても便が硬くなり、かえって便通が悪くなる可能性があるのです。

水の量だけでなく質も大事

水は適量をきちんと摂取することが大事ということはここまででご説明しましたが、量を摂ればなんでもいいのでしょうか。

答えは、半分No。
水は体の半分以上をつくっているものなのに、悪い水を摂ってしまってはもったいないですよね。
摂らないよりはあまり良くない水でも摂ったほうが良いと思われますが、できれば良い水を摂りたいものです。

良い水とは、「体に悪い物質が少なく、ミネラルなどの含有量が多い、ミネラル補給もできる水」のこと。
ミネラルとは、カルシウムやマグネシウムなどのこと。単純に「ミネラルウォーター」を飲めばいいということではなく、カルシウムなどの含有量が多い水を飲むのが一番です。

カルシウムとマグネシウムの含有量が多い水は「硬水」といわれます。
日本の天然の水は基本的に「軟水」なので、硬度が高すぎる水は日本人の体質に合わず、おなかを壊してしまう場合もあります。
目安としては、硬度が100以下くらいのものを選ぶと良いでしょう。

水は、本当に体を整える上でもダイエットする上でも重要な役割をします。
コンビニなどの良いミネラルウォーターも活用し、上手に取り入れていきましょう。

痩せる方法メニュー

ダイエット方法 一覧

痩せる方法 部位

顔、首

二の腕、腕、指
お腹・腹部、へそ周り 背中、腰
お尻・ヒップ
太もも、ふくらはぎ、足首

最新の痩せる方法

ウォーキング・ヨガ・お茶・ジム
フルーチェ・ココア・アサイー
酵母・ラクトフェリン
燃焼スープ・ダンベル・ems
リコピン・痩せるスープ
ミドリムシ・大麦
ダイエットスープ
カプサイシン・ユーグレナ
ノニ・食事制限・ご飯
ロングブレス・カービーダンス
オチョダイエット・プロテイン
グリーンスムージー
酵素ドリンク

  • 最近の投稿