体重を減らして痩せたい!ダイエットを成功させたい!そう思うけど、なかなか痩せれないのが現実。それは痩せる方法が間違っている可能性があります!絶対痩せる方法を参考に挑戦してみましょう。

ダイエットランチ/外食編!3つのポイント

「激やせしたい。」絶対痩せる方法

毎日自分でお弁当を作るのは、面倒だし味に飽きる。
毎日コンビニ食でも、やっぱり味に飽きたり、選べるラインナップが限られる。
そのようなことから、外食を織り交ぜている方が多いと思います。

でも、外食で選べるメニューは、大抵は炭水化物と塩分と脂質のオンパレード。
野菜をたっぷり摂れたりするお店は、お値段が張ってしまうことも多く、とても多用はできない事が多いですよね。

ダイエットの天敵に思える外食ランチ、三つのポイントに気をつければ、カロリーをカットしたり、栄養を比較的摂れる強い味方になります。
どんなところに気をつければいいか、見ていきましょう。

1.和定食のお店がベスト

特に女子は、洋食のワンプレートを出しているお店や、サンドイッチやパスタなどが豊富なカフェを選びがち。
おしゃれだし、量も少なめでちょうど良いと思いませんか?

しかし、パスタやサンドイッチは炭水化物が割合的に多く、あまり栄養が摂れません。
特に、女性が不足しがちな鉄分などのミネラルが取りにくい献立になってしまいます。

洋食のワンプレートは、内容にもよります。
が、例えばオムライスに彩り程度のサラダがついているだけだったり、ハンバーグにたっぷりのマッシュポテト、彩りの葉物レベルでは、野菜は補えません。
ポテトも炭水化物なので、炭水化物、つまり糖質の摂り過ぎも考えられます。

お店選びの段階で一番おすすめなのは、和定食を出しているお店。
お刺身の定食や、納豆などをつけられるお店、小鉢を選べるお店であればなお良いでしょう。

2.あたたかいスープや汁物がつく献立をチョイス

出来るだけ野菜の多いメニューがベストですが、それに加えて抑えておきたいのが、あたたかい汁物が提供されること。
あたたかいものには、満腹感を感じやすくなる効果があるのです。

そのため、ごはんとドリンクバーのセットよりは、ごはんと味噌汁のセット。ワンプレートであれば、スープのセットを注文するとよいでしょう。

3.勇気を出して、炭水化物の量の調節を依頼

世の中には、食べ物に困っている国も人々もたくさん存在します。
ダイエットのことを考えれば、ごはんを残してください、と言いたいところですが、やっぱりせっかくの食べ物を残すのは偲びありません。

そこで。
少し勇気を出して、オーダーするときに、ごはんの量を減らすことは可能か聞いてみてください。
もしくは、ライスを外して単品で頼めるか、確認してみるのもよいでしょう。

たとえば、洋食屋さんで出されるハンバーグランチには、大抵ポテトが添えられていますよね。
炭水化物はポテトで摂れるので、思い切ってライスもパンもつけず、単品で注文してみましょう。

ごはんやパンがないと物足りないのでは、と思うかもしれませんが、案外ごはんがなくても満足できます。

このような方法であれば、ごはんを残して、勿体無い思いをしたり、一緒に食事する方にダイエット中なんだ、と気を遣わせる必要もありません。

もしごはんの量が調節できないのであれば、一緒に食事する方で若い男性がいれば、少しあげてしまってもいいかもしれませんね。

痩せる方法メニュー

ダイエット方法 一覧

痩せる方法 部位

顔、首

二の腕、腕、指
お腹・腹部、へそ周り 背中、腰
お尻・ヒップ
太もも、ふくらはぎ、足首

最新の痩せる方法

ウォーキング・ヨガ・お茶・ジム
フルーチェ・ココア・アサイー
酵母・ラクトフェリン
燃焼スープ・ダンベル・ems
リコピン・痩せるスープ
ミドリムシ・大麦
ダイエットスープ
カプサイシン・ユーグレナ
ノニ・食事制限・ご飯
ロングブレス・カービーダンス
オチョダイエット・プロテイン
グリーンスムージー
酵素ドリンク

  • 最近の投稿