体重を減らして痩せたい!ダイエットを成功させたい!そう思うけど、なかなか痩せれないのが現実。それは痩せる方法が間違っている可能性があります!絶対痩せる方法を参考に挑戦してみましょう。

ストレスで太る人・痩せる人の違い

「激やせしたい。」絶対痩せる方法

現代社会はストレスがとにかく多いというのが定評。
世の中は子供も大人も、ストレスフルな環境で生活しているといわれています。

しかし、世の中には特にストレスを受けたときに、そのストレスで、太る人と痩せる人がいますよね。
この違いはどこから来るのでしょう?
ストレスで太るしくみと痩せるしくみを徹底解剖し、ストレスで太ってしまう人の対策をまとめました。

ストレスで痩せるメカニズム

ストレスを受けると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、食欲が落ちます。
いわゆる「ストレスで食事がのどを通らない」状態です。

食べる量が減ってしまえば痩せるのは当然ですよね。

では、太る人はどうかというと、交感神経と副交感神経のバランスを崩しにくい人です。
そんな人がなぜ太るのか、理由を次でご説明します。

ストレスで太るメカニズム

ストレスで太ってしまうメカニズムは、細胞の内側レベルまで小さな話になります。
細胞の中には、脂肪などからエネルギーを作り出す「ミトコンドリア」という器官があります。
このミトコンドリアが脂肪などからエネルギーを作り出してくれているから、人間の体温は外気温に左右されずに保たれていますし、体内の脂肪や糖などを消費しているのです。

しかし、このミトコンドリアは、ストレスによって体内に発生する「活性酸素」で傷つけられます。
活性酸素は、肌のしみやしわ、筋力低下といった老化現象に関係していると言われている、いわば人間の体の敵です。
傷つけられたミトコンドリアは、エネルギーの消費効率が悪くなります。
しかし、その人の食欲自体は減退したりしないので、いつもどおり食事をしてしまいます。
つまり、いつもの食事をしているのに、摂取した糖や脂肪がエネルギーとして消費されないため、太りやすくなるといわれているのです。

ストレスで太ってしまう人が太りにくくなるには

まず考えられるのが、ミトコンドリアを傷つけている活性酸素が発生しないようにする、もしくは発生しても排出されるようにすることです。

本来、人間は、細胞を傷つける活性酸素に対抗する「抗酸化力」を持っています。
しかし、その抗酸化力は年齢とともに衰えてきてしまいます。

そこで、外部から抗酸化力のある物質を取り込み、体の中で働いてもらおう、という発想が出てきます。

抗酸化力のある物質とは、抗酸化成分。
ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化ビタミン、ベータカロテンやリコピンなどのカロテノイド、ポリフェノールのことです。
ポリフェノールは、身近な例で言うと、緑茶のカテキンや、ごまのゴマリグナンなどのこと。また、コーヒーにも抗酸化作用があるといわれています。

もちろん、最良のストレス太り解消法はストレス自体をなくすことですが、環境を大きく変えなければいけない場合なども多く、なかなか難しいですよね。
ビタミンやポリフェノールなどを賢く摂取し、自分のミトコンドリアを守って、太りにくい体質をキープしたいものです。

痩せる方法メニュー

ダイエット方法 一覧

痩せる方法 部位

顔、首

二の腕、腕、指
お腹・腹部、へそ周り 背中、腰
お尻・ヒップ
太もも、ふくらはぎ、足首

最新の痩せる方法

ウォーキング・ヨガ・お茶・ジム
フルーチェ・ココア・アサイー
酵母・ラクトフェリン
燃焼スープ・ダンベル・ems
リコピン・痩せるスープ
ミドリムシ・大麦
ダイエットスープ
カプサイシン・ユーグレナ
ノニ・食事制限・ご飯
ロングブレス・カービーダンス
オチョダイエット・プロテイン
グリーンスムージー
酵素ドリンク

  • 最近の投稿