体重を減らして痩せたい!ダイエットを成功させたい!そう思うけど、なかなか痩せれないのが現実。それは痩せる方法が間違っている可能性があります!絶対痩せる方法を参考に挑戦してみましょう。

「ながら食べ」がダイエットの天敵な3つの理由

「激やせしたい。」絶対痩せる方法

ランチはコンビニで買ってきたおにぎりに、お菓子パン。
仕事をしながら頬張って、なんとなく食べ始めてなんとなく食べ終わっている。

職場でのランチはこのように味気なく終わる、という方も多いのではないでしょうか。

特にIT系のクリエイターさん!納期が近づくと、こんな生活になりがちではありませんか?

かくいう筆者も、こんなながら食べをしていた一人。
しかも、そこまで仕事している自分がかっこいい!とか思っちゃっていたのです。。
しかしこの食べ方、実は体にかなり悪い!ダイエットの妨げにもなってしまいます。

なぜダイエットの妨げになるのか、理由をしっかり把握して、悪い習慣を断ち切りましょう!

1.満腹感が得られない

人間は、食事をとり、血糖値が上がってくると満腹感を感じる満腹中枢が刺激され、満腹サインが出ます。
しかし、何かをしながら食べているということは、他のことに意識が集中している状態。
そのため、満腹のサインを見逃してしまい、なんとなく満腹になっていない気になってしまいます。
すると、そのなんとなく物足りない気持ちから、おやつやデザートなどを我慢しにくくなり、つい食べ過ぎてしまうのです。

2.よく噛んでいない

ながら食べは、前述したように食事以外に意識がいっています。
そのため、普段からよく噛む習慣がしっかり身についていない限り、噛む回数が少なくなっています。
噛む回数が少ないことで満腹中枢も刺激されにくくなりますし、満足感も得られにくくなっていきます。
満足感が得られなければ、なんとなく物足りなくなって、食事の量を増やしてしまいがちです。
また、よく噛まないことで消化器官に負担がかかり、おなかの調子が悪くなったり、なんとなく内臓が疲れている食べ疲れを起こす場合も。

3.味わえない

食べすぎを防ぐには、心の満足感が重要になります。
心が満足すれば、そんなに食べなくても、文字通り満ち足りた状態になれるからです。
では、満足感を得るにはどうすればいいのでしょう。
それは、食事を味わうこと。
一口ごはんを食べるだけでも、味わってみると、噛むほどごはんが甘いことに気づきます。
お肉や野菜をゆっくり味わって一口食べれば、その歯ごたえの違いや甘み、苦味、そのほかの様々な味わいに気づくでしょう。
ながら食べでは、このような気づきは得られません。
食事以外に意識がもっていかれているながら食べ、こんなにもったいないことなのです。

以前、こんな話を聞きました。

ある人が、とある大企業のトップに会いました。いわゆるエグゼクティブです。
とてもスマートなその方は、いつも忙しそうにしています。
しかし、食事の時間だけは、家族や仲のよい方と、ゆっくりとするそうです。もちろん、短時間で切り上げたりもしません。

これが何故だかわかりますか?

食事を楽しむためです。

ジムでトレーニングするのも良いですが、食事の取り方を少し変える、それだけでも健康的にスリムになれる可能性があります。

あなたが、今まで以上に食事を楽しんで、健康的な食べ方を身につけてくだされば幸いです。

痩せる方法メニュー

ダイエット方法 一覧

痩せる方法 部位

顔、首

二の腕、腕、指
お腹・腹部、へそ周り 背中、腰
お尻・ヒップ
太もも、ふくらはぎ、足首

最新の痩せる方法

ウォーキング・ヨガ・お茶・ジム
フルーチェ・ココア・アサイー
酵母・ラクトフェリン
燃焼スープ・ダンベル・ems
リコピン・痩せるスープ
ミドリムシ・大麦
ダイエットスープ
カプサイシン・ユーグレナ
ノニ・食事制限・ご飯
ロングブレス・カービーダンス
オチョダイエット・プロテイン
グリーンスムージー
酵素ドリンク

  • 最近の投稿