体重を減らして痩せたい!ダイエットを成功させたい!そう思うけど、なかなか痩せれないのが現実。それは痩せる方法が間違っている可能性があります!絶対痩せる方法を参考に挑戦してみましょう。

発酵食品がヤセ体質を作ってくれる!発酵食品パワーを徹底調査

「激やせしたい。」絶対痩せる方法

「発酵食品」と聞いたとき、あなたは何が思い浮かびますか?
納豆?ヨーグルト?最近はキムチという方も多いでしょうか。

このような発酵食品に共通していることは、「微生物パワーで食べ物を新たな栄養価の高い食品に変身している」ということ。
全体的にヘルシーなイメージのある発酵食品、イメージどおり、うまく活用すればダイエットにも効果的なのです。

どのように取り入れていけばいいか、また、発酵食品にはどのようなパワーがあるのかを徹底調査しました。

発酵食品のパワー

そもそも発酵食品とは、微生物が食べ物を、人間にとってより役立つ方向に変化させてくれた食品のこと。いわば天然の加工食品です。
同じ微生物の働きでも、人間に悪い影響が出る方向に変えられた場合は「腐敗」。
つまり、人間の都合で「発酵」か「腐敗」かに分けているだけで、微生物が食べ物を変化させているという意味では、発酵も腐敗も同じ現象です。

では、ダイエットという観点では発酵食品のどのようなところが役立つのでしょう。

発酵した食品は、微生物の働きによって、もともと含まれていた栄養素やその機能が変化します。
納豆ならば、納豆菌の働きで大豆にはなかった「ナットウキナーゼ」という物質が生まれます。
このナットウキナーゼは、血液をさらさらにしてくれる効果が認められています。
また、ヨーグルトであれば、もともと牛乳に含まれているカルシウムが、発酵することでより人間の体に吸収されやすい形に変わっています。

つまり、発酵食品は「効率よく」「よりよい栄養素を摂取できる」のです。

発酵食品のダイエットへの取り入れ方

どのような発酵食品を取り入れるか、また、どのような効果を狙いたいかで取り入れる食品が変わってきます。

便秘を解消したい/腸内環境を整えたい

ヨーグルトやキムチに含まれる乳酸菌は、ご存知のとおり腸内環境を整えてくれます。
それによって便秘解消の効果もあるため、お通じがあまり調子よくないという方は、朝食にヨーグルトを摂るようにすると効果的です。

ついついごはんを食べ過ぎてしまう

ごはんが余計進んでしまうイメージですが、納豆をごはんにかけて食べるのがおすすめ。
このとき、ごはんはいつもより少なめに盛り、意識して噛む回数を多くし、ゆっくり食べるようにするとダイエット効果が上がります。

ごはんを納豆に一部置き換えることで、エネルギー代謝に必要なビタミンB群や、血栓が出来にくくなる効果のあるビタミンKなど、ご飯からは得られない栄養を摂れることになり、摂取カロリーも抑えることができます。

独特のにおいや酸味が苦手、という方も多い発酵食品ですが、普段から定期的に取り入れることで腸内環境が改善されていく効果が期待できます。
味噌やワインなど、取り入れやすいところから少しずつ取り入れたり、食べやすい形に工夫して積極的に食事に取り入れていきましょう。

また最近流行りの酵素ドリンクダイエットも発酵飲料で栄養価が高く、ダイエット効果も実感できるためおすすめです。

痩せる方法メニュー

ダイエット方法 一覧

痩せる方法 部位

顔、首

二の腕、腕、指
お腹・腹部、へそ周り 背中、腰
お尻・ヒップ
太もも、ふくらはぎ、足首

最新の痩せる方法

ウォーキング・ヨガ・お茶・ジム
フルーチェ・ココア・アサイー
酵母・ラクトフェリン
燃焼スープ・ダンベル・ems
リコピン・痩せるスープ
ミドリムシ・大麦
ダイエットスープ
カプサイシン・ユーグレナ
ノニ・食事制限・ご飯
ロングブレス・カービーダンス
オチョダイエット・プロテイン
グリーンスムージー
酵素ドリンク

  • 最近の投稿