体重を減らして痩せたい!ダイエットを成功させたい!そう思うけど、なかなか痩せれないのが現実。それは痩せる方法が間違っている可能性があります!絶対痩せる方法を参考に挑戦してみましょう。

驚愕!寝ているだけで痩せるダイエット法

「激やせしたい。」絶対痩せる方法

毎日、正しい眠り方で快眠。それだけでダイエット効果があるってご存知ですか?

痩せるには、運動するか食事を制限するか。寝ているだけで痩せるなんてありえない!

タイトルを見た方の多くはそう感じたと思います。
もちろん、ずっと寝ていればいい、ということではなく、正しく眠れていない方が「正しく眠る」ことで体が健康的な状態に近づき、やせやすくなるということです。

では、なぜ痩せやすくなるのか、正しい睡眠とはどのようなものなのかをご説明します。

睡眠を変えることで痩せるメカニズム

私たち人間が寝ている間に分泌されている、「成長ホルモン」は聞いた事があるでしょうか。
通常、「背が伸びる」「子供の成長を促す」といった効果や、大人の「体のダメージを修復して若返らせてくれる」ホルモンとしてご存知の多いと思います。
このような効果の裏に隠れてしまっていますが、実は成長ホルモンには、脂肪を分解する働きもあるのです。

そのため、成長ホルモンが正常に分泌されない病気の患者さんは、体脂肪が多めということもいえるそう。

つまり、成長ホルモンを分泌させる睡眠のとり方をすれば、お肌などの若返り効果だけではなく、脂肪分解効果も一緒に得られるということなのです。

正しい睡眠とは

では、成長ホルモンが分泌される睡眠のとり方とは、どのようなものなのでしょう。

成長ホルモンは、22時から午前2時までの間がもっとも分泌されやすい時間帯と言われています。
また、眠り始めてから3時間の間、成長ホルモンが分泌されます。
そのため、22時から1時・2時くらいまでの間に眠りに入り、3時間はぐっすりとまとめて眠れる状況を整えれば成長ホルモンが多く分泌される「正しい睡眠」に近づきます。

では、眠りの浅い方やなかなか眠りにつけない場合は、どうすれば眠りやすくなるのでしょう。

人の体は、眠くなると血管が拡張し、体が温かくなってきます。
これは、体の中心部の体温を体が下げようとしているために、このような状態になることが分かっています。

体の中心部の体温を下げるには、血管を拡張して熱を発散するようにしてあげること。
そのため、寝ようとしている時間の1時間前くらいにお風呂にゆっくり浸かり、体を外側から温めましょう。

もうひとつのポイントが、「できるだけ部屋を真っ暗に、静かにすること」。
本来であれば夜は真っ暗闇。周囲が明るいと、交感神経が刺激され、本当にリラックスした状態になれません。
その状態で眠りについても、結局は眠りが浅く、何かの拍子に目覚めやすくなってしまいます。

また、まわりが騒がしくても同じです。寝るときは、できるだけ無音のほうがぐっすりと深く眠れます。

そのため、少し良い遮光・遮音カーテンをつけたりして、眠りを妨げない工夫をして見ましょう。

最後に、質のよい睡眠に入るためのポイントがもうひとつあります。
それは、「入浴後にはスマホ、パソコン、テレビの画面を見ず、読書などをして静かに過ごすこと」。
ご存知の方も多いと思いますが、スマホやパソコンなどの画面から発せられる光には、神経を昂ぶらせる作用があります。
せっかくお風呂で体を温めて、リラックスできる状態を作っているのに、そこでスマホなどを見てしまっては効果は半減してしまいます。

毎日正しい睡眠をとり、若返りとダイエットの嬉しい効果を両方ゲットしましょう。

痩せる方法メニュー

ダイエット方法 一覧

痩せる方法 部位

顔、首

二の腕、腕、指
お腹・腹部、へそ周り 背中、腰
お尻・ヒップ
太もも、ふくらはぎ、足首

最新の痩せる方法

ウォーキング・ヨガ・お茶・ジム
フルーチェ・ココア・アサイー
酵母・ラクトフェリン
燃焼スープ・ダンベル・ems
リコピン・痩せるスープ
ミドリムシ・大麦
ダイエットスープ
カプサイシン・ユーグレナ
ノニ・食事制限・ご飯
ロングブレス・カービーダンス
オチョダイエット・プロテイン
グリーンスムージー
酵素ドリンク

  • 最近の投稿