体重を減らして痩せたい!ダイエットを成功させたい!そう思うけど、なかなか痩せれないのが現実。それは痩せる方法が間違っている可能性があります!絶対痩せる方法を参考に挑戦してみましょう。

ヨガとの違いがわからない!?ピラティスのダイエット効果

「激やせしたい。」絶対痩せる方法

ヨガと大体同時期に流行ったイメージのある「ピラティス」。
そのせいか、ヨガとピラティスの違いがよくわからないという方も多いようです。

そんなピラティスはヨガとどのようなところが違うのか、また、ダイエット効果はどのくらいあるのかまとめました。

ピラティスの由来

ピラティスは、ドイツで第一次世界大戦の負傷兵のリハビリのために開発された、リハビリ体操です。開発したドイツ人のジョセフ・H・ピラティス氏の名前からとって、ピラティスと名づけられています。
リハビリなので、同じ動作を何回も繰り返す筋トレのような運動ではなく、いわゆるインナーマッスルに意識を向け、自分の体を意識して行うトレーニングです。

一方、ヨガの歴史はもっと古く、古代インドで発祥した修行の方法です。
一説では、紀元前2500年から1800年のインダス文明が起源といわれています。
ヨガという名前で実践法がまとめられたのは、2世紀から4世紀ごろ。「ヨーガ・スートラ」として瞑想法や静的なヨガがまとめられているといわれます。

ピラティスはヨガを参考に体系化された部分があり、そのことからヨガと似た部分もあるようです。
しかし実際は、ヨガとは似ているけれど異なるものとなっています。

ヨガとピラティスの違い

ヨガとピラティスのトレーニングには、「ヨガは呼吸とストレッチに重点を置く」、「ピラティスは正しい骨格を意識しながら体幹の筋肉を整える」という目的の違いがあります。
この目的の違いにより、ヨガとピラティスは異なるエクササイズになっています。

ピラティスのダイエット効果

前述したように、ピラティスはインナーマッスルを特に整える効果があります。
そのため、ムキムキになるような表面の筋肉ではなく、天然のコルセットとも言われるインナーマッスルを鍛えるのに効果的です。

インナーマッスルを鍛えることができれば、女性が特に気になる体型のくずれ、「下腹のぷよぷよ」や「くびれがなくなった」「ヒップが垂れた」といった悩みや、「食べるとすぐ太る」「急激に太った」というような悩みも解消されます。

また、インナーマッスルは、有酸素運動などでも使われる「赤筋」といわれる筋肉で、面積は外側の筋肉より少ないものの、持久力があって疲労しにくい筋肉です。
そして、インナーマッスルは、鍛えることで体温を上昇させることもできます。
体温が上がれば基礎代謝もあがり、脂肪がつきにくく痩せやすい体質になっていくのです。

つまり、ピラティスでインナーマッスルを鍛えることで、見た目を引き締める効果と体質改善のダブルでダイエット効果があるといわれているのです。

ちなみに、体温が上がることで免疫力も向上すると言われているので、健康面でも効果が高いでしょう。

毎日行うのが重要

どのようなエクササイズでもそうですが、運動は毎日継続して行うのが一番効果的。
ピラティスは呼吸を深くすることで、脳を活性化する効果なども期待でき、気持ちよく感じる方が多い運動です。
人間は、自分が気持ちいいと感じることをしたがる生き物ですので、ピラティスの気持ちよさを知ってしまえば、あとは毎日時間を決めれば習慣化しやすいでしょう。

個人的には、朝起きたときに行って脳を目覚めさせるか、夜寝る前に行って寝ている間に成長ホルモン効果で筋肉が成長することを狙うかのどちらかがお勧めです。

また、これもどのエクササイズにも言えることですが、独学でピラティスを学ぶことももちろん可能ではあるものの、できればスタジオなどできちんと指導を受けて覚えることをお勧めします。
独学で中途半端に間違った動きをしてしまうと、最悪、体を痛めてしまう可能性も考えられますので、正しい方法で行うことを心がけましょう。

「痩せる方法」はまだまだある!痩せたいあなたへ
【食事】
フルーチェココアアーモンドアサイー酵母ラクトフェリンリコピンミドリムシ大麦ダイエットスープカプサイシンノニ食事制限ご飯プロテイン5:2ダイエット緑茶ダイエット断食ダイエットレコーディングダイエットしらたきキシリトールフォルスコリンデトストンつんく式おにぎりダイエットファイブファクターダイエットクレンズダイエットホットヨーグルト酵素ドリンクグリーンスムージー

【運動】
ウォーキングヨガピラティスジムダンベルemsロングブレスカービーダンスオチョダイエットバレエ肩甲骨肩甲骨枕なわとびアイソメトリックトレーニング

【部分痩せの方法】
腹部二の腕お尻太ももふくらはぎ

今最強の痩せる方法はグリーンスムージーダイエット上記の痩せる方法の中で今1番オススメなのが『グリーンスムージーダイエット

痩せる方法メニュー

ダイエット方法 一覧

痩せる方法 部位

顔、首

二の腕、腕、指
お腹・腹部、へそ周り 背中、腰
お尻・ヒップ
太もも、ふくらはぎ、足首

最新の痩せる方法

ウォーキング・ヨガ・お茶・ジム
フルーチェ・ココア・アサイー
酵母・ラクトフェリン
燃焼スープ・ダンベル・ems
リコピン・痩せるスープ
ミドリムシ・大麦
ダイエットスープ
カプサイシン・ユーグレナ
ノニ・食事制限・ご飯
ロングブレス・カービーダンス
オチョダイエット・プロテイン
グリーンスムージー
酵素ドリンク

  • 最近の投稿