体重を減らして痩せたい!ダイエットを成功させたい!そう思うけど、なかなか痩せれないのが現実。それは痩せる方法が間違っている可能性があります!絶対痩せる方法を参考に挑戦してみましょう。

ヨーグルトの常識が覆る!?ホットヨーグルトダイエット

「激やせしたい。」絶対痩せる方法

ヨーグルトといえば、基本的には冷たいデザートですよね。
朝食に、フルーツやシリアルにかけていただくという方も多いのではないでしょうか。

ところが、そんな『冷たい』ヨーグルトの常識が覆されるダイエット法が、最近話題になっています。
テレビなどでも紹介されて、注目度がアップしている話題のダイエット「ホットヨーグルトダイエット」とは、一体どのようなもので、どのような効果があるのでしょう。
気になる「食べてみたときの感想」も、ご紹介します。

なぜヨーグルトを温めるのか

ヨーグルトは、今まで特に温めなくても、「整腸効果」や「美肌効果」、また、一部のヨーグルトは花粉症に効くという話もあり、健康効果が非常に高い食品として知られていましたよね。
なぜ、それをわざわざ温めるという発想になったのでしょう。

ヨーグルトを温める効果は、次の3つと言われています。

1.温めることで有効成分の吸収が良くなる

ヨーグルトには、カルシウムをはじめとする有効成分がたっぷり含まれています。
この有効成分の吸収が、冷えた状態で摂るよりも温めて摂るほうが上がることが発見されたのです。

2.乳酸菌の働きが妨害されない

乳酸菌は、本来40℃くらいの温度でもっとも活発に働きます。40℃前後は、ちょうど人間の腸内部の温度と同じ位です。
しかし、運搬や保存の間も発酵がぐいぐい進んでしまっては、困ります。
過剰に発酵が進むことで、発酵ではなく腐敗している状態になってしまうためです。
とはいえ、食べるときに乳酸菌が死んでしまっていては、腸内環境を整える効果が得られません。

そのため、乳酸菌の活性を抑えつつ、殺さない温度である0℃から5℃くらいで保存・運搬されます。

しかし、ヨーグルトを冷えた状態で食べていると、人間の内臓も冷え、腸内での乳酸菌の働きも阻害されてしまいます。

ヨーグルトをあらかじめ温めて食べることで、このような内臓の冷えを防ぎ、乳酸菌が働きやすい環境を作ることが出来るのです。

なお、乳酸菌は60℃以上になると死滅してしまう恐れがあります。
温めすぎには注意です。

3.温めることで満足感アップ

冷たい水と、常温の水。どちらをよりたくさん飲めますか?
おそらく、冷たい水のほうがごくごくとたくさん飲めると思います。

のどごしが違うから、ということもあるのですが、実は、温かいもののほうが満腹感を感じやすくなることも、常温の水をあまり飲めない理由のひとつ。
つまり、温かいもののほうが、おなかいっぱいだと感じやすいのです。

そのため、ホットヨーグルトは一杯食べればおなかが満足し、食べすぎも防ぐことが出来るのです。

ホットヨーグルトの作り方と摂り方

ホットヨーグルトは、市販のプレーンヨーグルト180gにはちみつを適量混ぜ、ラップをせずに600Wで1分温めます。
それを混ぜていただくだけです。

食べるタイミングは朝食のとき。
満腹感が持続し、昼食までイライラせず、間食などもせずに過ごせます。

食べてみた感想

最初は「見た目ヨーグルトなのに器があたたかい」という状況に違和感を覚えましたが、いざ食べてみると、思った以上に違和感がありません。
ちょっと気温が下がったときに食べたせいか、むしろ冷たいヨーグルトよりも体にやさしい感じがします。

体への効果はまだわかりませんが、確かに腹持ちは良いです。
朝もヨーグルトだけでおなかいっぱいになりましたし、いつもはつい食べてしまう昼食前のおやつも、必要ありませんでした。

朝食にヨーグルトを摂ることが多い方、お手軽で、特に寒い季節にはおすすめのホットヨーグルトをぜひ試してみてください。

「痩せる方法」はまだまだある!痩せたいあなたへ
【食事】
フルーチェココアアーモンドアサイー酵母ラクトフェリンリコピンミドリムシ大麦ダイエットスープカプサイシンノニ食事制限ご飯プロテイン5:2ダイエット緑茶ダイエット断食ダイエットレコーディングダイエットしらたきキシリトールフォルスコリンデトストンつんく式おにぎりダイエットファイブファクターダイエットクレンズダイエットホットヨーグルト酵素ドリンクグリーンスムージー

【運動】
ウォーキングヨガピラティスジムダンベルemsロングブレスカービーダンスオチョダイエットバレエ肩甲骨肩甲骨枕なわとびアイソメトリックトレーニング

【部分痩せの方法】
腹部二の腕お尻太ももふくらはぎ

今最強の痩せる方法はグリーンスムージーダイエット上記の痩せる方法の中で今1番オススメなのが『グリーンスムージーダイエット

痩せる方法メニュー

ダイエット方法 一覧

痩せる方法 部位

顔、首

二の腕、腕、指
お腹・腹部、へそ周り 背中、腰
お尻・ヒップ
太もも、ふくらはぎ、足首

最新の痩せる方法

ウォーキング・ヨガ・お茶・ジム
フルーチェ・ココア・アサイー
酵母・ラクトフェリン
燃焼スープ・ダンベル・ems
リコピン・痩せるスープ
ミドリムシ・大麦
ダイエットスープ
カプサイシン・ユーグレナ
ノニ・食事制限・ご飯
ロングブレス・カービーダンス
オチョダイエット・プロテイン
グリーンスムージー
酵素ドリンク

  • 最近の投稿